東京から尾瀬に行くのはバスが便利です

春は水芭蕉、初夏になるとニッコウキスゲ、秋になると湿原は草紅葉や森林地帯は紅葉などを楽しむことができる、大自然の中でのウォーキングを楽しめるのが尾瀬の魅力ではないでしょうか。

尾瀬は国立公園の中にあるエリアの総称で、湿原があること、比較的初心者でも出掛けやすいなどの魅力もあります。東京から尾瀬に行く時にはマイカーだけでなく、登山口まで連れて行って貰える高速バスや東京の浅草からのアクセスが便利な電車などのアクセス方法があります。マイカーは自らが運転をしなければならない反面、時間的な制約がありませんので気軽に使えるアクセス方法のイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

尾瀬は自然および環境保護が行われている場所でもあり、マイカー規制があることを覚えておかなければなりません。マイカー規制は登山口近くまで車で行くことができない、途中でシャトルバスへの乗り換えが必要です。電車の場合には水上や沼田まで出向くか、浅草からの直通電車を利用して会津高原尾瀬口まで出向き、ここから路線バスや季節運航を行っているバスを使い、御池や沼山峠などの登山口まで行く方法もあります。

マイカーの場合も電車の場合も途中までしかアクセスできませんので、御池からはシャトルバス、戸倉から鳩待峠や大清水まではいずれもシャトルバスの利用が必要になって来ます。その点、東京からそれぞれの登山口までダイレクトアクセスができる高速バスや夜行バスは、バスに乗車しているだけで玄関口まで連れて行って貰えるメリットもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *