飛行機でのスノボの扱いについて

どうせなら最高の雪の中でスノボを楽しみたい、と北海道や東北・海外へのスノボツアーを考えた場合、気になるのがスノーボードをどうするかということ。

遠くに行くのであれば早く行ってしっかり楽しむためにも交通手段は飛行機がおすすめですが、あんな大きなもの、どうやって持っていけばよいのでしょうか。たとえ海外であってもちゃんとサイズは揃っている物ですし、日本と同じようにさまざまなブランドの中から選べるでしょうから現地でレンタルするという手もあります。ただ、わざわざ飛行機でわざわざ行くというようなスノボ好きの人たち、こだわりのマイボードを持っているという方も多いでしょう。

せっかくの良い雪の中なのだから自分の普段から使い込んでいるものをもって行きたいという気持ちも分からないでもないです。航空会社に問い合わせるのが一番ですが、一応一般的な考え方としては、「手荷物のトータル重量が無料で預けられるサイズ・重量に治まるのであれば超過料金はかからない」という持ち込み規定となっており、スノボもその中に当てはまります。

国内線の場合は審査もなく、当日になって空港ロビーの手荷物カウンターに持っていくだけで簡単な計量の上、預けることができます。ただ、飛行機で預け荷物をする場合、たまに荷物に傷が付くことはあります。海外だと更に手荒な扱いの国だってありみあす。しっかりと梱包して持っていくようにしましょう。空港までの道のりも大変なので、空港までは宅配便を利用してもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *