海外へ飛行機でスノボをやりにいく長所と短所

海外へ飛行機でスノボをやりにいく長所は珍しい景色が見られる、新鮮な気持ちで滑れる、料理が美味しいなどが長所です。

飛行機で移動している最中は、珍しい景色を見ることができます。記念に数枚ほど写真を撮っておくのも悪くないです。その写真は、家に帰った時に家族に渡すと喜んで見てくれるはずです。また、到着したゲレンデは1度も見たことがない雪山なので、新鮮な気持ちでスノボを楽しむことができます。ただ、まだ慣れていない場所なので、難しいコースはすぐに行かないほうがいいです。

初級コースで身体をならし、中級と難易度を上げていくとコースの特徴を掴みやすいです。あと、海外の料理は、日本では食べたことがない物が沢山登場します。なので、昼食の際の料理は、食べていると美味しいと感じる可能性が高いです。短所は飛行機は高所恐怖症にはきつい、看板があっても読めないなどです。高所恐怖症の人には飛行機はつらいと感じてもおかしくないです。対策として、移動の最中は眠る、音楽を聴いて気を紛らわせるなどの手法があります。

音楽を聴く時は周囲に迷惑をかけないように、イヤホンをつけましょう。また、スノボで雪山を降りている時に、看板が設置されていることがあります。主に危険防止のための看板ですが、書かれているのは海外の言語なので読めない場合がほとんどです。その時は、携帯電話で事情を聞いてみると良いです。ただ、危険という英語は読みやすいはずなので、その場合は看板の指す方向にはいかないほうが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *