スキーツアー ゲレンデでの注意点

スキーツアーに参加してスキーを楽しむためにとても大切なことは一人一人がマナーを重んじることです。

一人一人の意識で1日を存分に楽しむことができるだけでなく自分の身を危険から守ることができます。まず初めに初心者の方たちに良く見られる傾向で注意しなければならない点として、コースの真ん中で座り込み休憩してしまうことです。他の参加者の中にも上手に止まれなかったり、コントロールできない方がいます。

さらに、上の方からとてもスピードを出して滑って来られる方もいますので、もしコースの真ん中で座り込んでいると後ろから衝突されてとても大怪我をする可能性があります。ですから、もし転んでしまったり、休憩したい時はコースの隅に移動し自分の身の安全を確保しましょう。さらに注意できるマナーとして、スキーブーツでコース上を歩かなければならない時は隅を歩くことです。

なぜかというと、ブーツでコースを歩くとツボ足という穴をコースに作ってしまうことになります。その穴はゲレンデを滑っている人からは見にくいので転倒する原因になり、場合によっては大事故に繋がりかねません。ですから、ゲレンデを歩く必要がある場合、隅を歩くことによって自分も周りの人の身も守ることになります。さらにスキー上ではすべての人が綺麗な景色や綺麗な空気を楽しみにされていると思います。

喫煙をしたいとしても所定の場所ですることによって周りの人に配慮をしましましょう。ゴミも各自が持ち帰ることによって綺麗な自然を守ることができるでしょう。ではマナーを守り楽しく滑りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *