小豆島旅行で人気の観光スポット5選

香川県の小豆島は瀬戸内海で淡路島に次いで大きな島です。

穏やかな瀬戸内海の海に囲まれたの海岸線には絶景が広がります。また島の内陸部には大小の山々が見られ、有名な景勝地も見られます。のんびりとできる旅行先を探しているという方にとって、小豆島はまさにふさわしい観光スポットと言えるでしょう。小豆島旅行を最も満喫できるシーズンは、5月から8月下旬頃とされています。このシーズンは海も満喫することができるからです。

旅行におすすめの観光スポットを5つ紹介します。カップルでの訪問におすすめなのが「エンジェルロード」です。1日に2回の干潮タイムに島と島を結ぶ道が現れ、大切な人と一緒に歩くことで願いが叶うと言われています。向かいの弁天島の展望台には幸せの鐘があり、一緒に鳴らすカップルもたくさんいます。島の絶景を楽しみたい方におすすめなのが、「寒霞渓(かんかけい)」です。日本三大渓谷美にも数えられるほどの景勝地で、紅葉シーズンともなると多くの観光客で賑わいます。大きく構える大岩壁と木々が作り出す美しい渓谷、そして瀬戸内海の海を眺めることができます。

ロープウェイから眺める景色は圧巻です。島の歴史について知りたいという方におすすめの観光スポットは、「醤の郷(ひしおのさと)」です。伝統製法を守り続ける醤油造りを知ることができ、昔ながらの町並みを散策することもできます。また、「オリーブ公園」は島の名産物オリーブを存分に味わうことができるスポットです。フォトジェニックな空間も満載なので、記念撮影にも適しています。最後に紹介する「二十四の瞳映画村」は、小豆島出身の小説家である壺井栄が書いた小説、二十四の瞳に由来する施設です。大正・昭和初期が再現されており、懐かしい雰囲気を味わえると評判です。以上の5つが小豆島の旅行で外せない場所として紹介されている観光スポットとなります。ぜひ、参考にしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *